こんにちは。

カップ焼きそばも作れなかった元料理センス0の男ユウです。

 

料理が嫌い!!

 

って思っている女性って思っている以上に多いと思っているんですが、

そんな料理嫌いな人って本当に料理が上手に作れるようになったら

急に料理好きになるのかってことに疑問を感じたので、

今回は、これを読んだ料理嫌いな人が料理好きに少しでも慣れるようなことを

語っていければと思います。

 

なので、料理が嫌い!

って思っているママさんや彼女さん、一人暮らししている女性など、

いま料理が嫌いって思っている人が、

少しでも料理好きになってくださったら嬉しいです^^

 

料理が嫌いな人は料理が出来るだけでは克服することは不可能!?

結論から話していくと、

料理が今嫌いな人が料理が出来るようになっただけで、

料理嫌いを克服することは不可能だと私は思います。

 

よく、ネットでも、

料理が嫌いだったり、苦手だったりするのを克服するには、

『レシピを見てやれば、料理が苦手ではなくなります。』とか

『献立を増やして料理のレパートリーを増やせば克服できる』

って言っている人を見かけるんですが、私は、そうしたところで

料理が嫌いな人って好きになるはずがないんです。

 

だって、料理が出来ないことが

『料理が嫌い』な本質的な理由ではないからなんです。

 

私自身が、料理が嫌いだった頃の嫌いな理由は、

こんな気持ちを抱いていたりしました。

ユウの料理嫌いだった理由

・料理をつくっても貶されるから、やっている意義を感じない。

・食べるのは一瞬で、作るのは何時間もかかって作る時間の方が長いのが嫌だった。

・食べた後に皿洗いを何枚もするのが面倒

・キッチンが狭くて、やる気がそもそも湧かない

 

私、自身はこんな理由で料理が嫌いだったんです。

特に、作った後とか食べた後に、食器を洗ったり、

フライパンを洗ったり・・・

 

『洗うのマジ、面倒。夜も遅いし寝たいわ。』

 

その気持ちの方が大きかったです。

だからと言って、洗うのを「明日でいいや』

って先伸ばしていたら、コバエが湧いていたり・・・

 

本当、そこが嫌で嫌でしょうがなかったんです。

コバエの件については、周りに飲食店が多かったから

っていうのもありますが、それにしても本当面倒で、

料理するより出来合いのものを食べた方が、どんなに楽か。

 

その考えが圧倒的に強かったので、

料理がとてつもなく嫌いでした・・・。

 

確かに、その嫌いな理由の、さらに細かいところの中に、

料理がマズいから、さらにやる気がなかったのも事実にはなります。

 

だから、そう考えていったときに、

料理が嫌いな女性の大半も、料理ができないから嫌いなのではなく、

他の理由があって、料理が嫌いって思っているんじゃないかと思います。

 

 

ですから、料理がそもそも嫌いな人は料理が出来る以外にも、

理由となっている部分を解消してあげないと克服することは

不可能だという考えに私はなりました。

 

料理が嫌いな女性が嫌いと思う理由

じゃあ、料理が嫌いな女性が嫌いな理由について、

早速、必死に考えてみました。

 

料理が嫌いな女性の料理嫌いな理由

・何度も皿洗いするのが面倒

・綺麗好きだから、台所が汚れるの嫌だ

・彼氏のために頑張って作っても不味そうな顔をされるから

・旦那の体のことを思って気を遣って作っても台無しにされるから

・仕事から遅くに帰って来て料理作るのが面倒

 

色々、調べたりしていっただけでも、

こんな理由で、料理をすること自体に意義を感じず、

嫌い!!って思っている女性が多いみたいです。

 

確かに、何度も皿洗いをするのって本当面倒ですし、

食べている時間よりも皿洗いとか後片付けをしている

時間の方が長かったら本当に嫌になるかと思います。

 

ましてや、旦那や子供がいるママさんであれば、

「私も1日、家事やって疲れているのに・・・」

「旦那はテレビ見て、ゆっくりしていてズルい」

「なんで私だけ、後片付けしなきゃいけないの」

って思いたくもなると思います。

 

さらに、必死に後片付けやご飯を作っているのに、

「今日のご飯嫌いなものばかりだな〜」とか

「まずいな〜」って顔をされた、もう怒りはMAXですよね(笑)

 

仏の顔も3度まで!

 

ってことわざがあるように、

そんなことを毎日、続けられたら、

本当に心底料理が嫌いになってしまう理由になるかと思います。

 

だからこそ、料理嫌いな女性も含め、

料理嫌いな人を少しでも料理好きにさせるために、

料理嫌いを克服したいのであれば、料理が嫌いな理由を

しっかり考えて解消する必要があります。

 

料理嫌いを克服する方法

いよいよ料理嫌いを克服していく方法について、

まとめていきたいと思います。

 

これを見れば、料理嫌いを克服して、

料理が好きになる方向に向かうかと思います。

 

なので昔は料理が嫌いだった私が料理嫌いを克服するために

考えた方法を順番にお伝えしていきます。

 

料理が嫌いな主婦の料理嫌い克服方法

料理が嫌いな主婦の原因は、

先ほども軽く原因を挙げましたが、

大きく分けて「皿洗いが面倒」「不味そうな顔をされるのがムカつく」

この2つが大きな原因だったりします。

 

なので、そんな主婦の料理嫌いを克服するには、

まず家族が協力するってことが必要になります!

 

旦那と小学生くらいの子供がいるなら、

手伝ってもらうのが一番です!

 

ただ、旦那さんにとって必要なのは、

毎日料理を頑張って作ってくれている奥さんのことを

ちゃんと考えて、自分も疲れているけど、

理解して「協力してあげる。」それが重要です。

 

小学生くらいの子供なら、協力させるのも簡単かと思います。

 

お手伝いを10回やったら好きなものを買う。とか、お小遣いを渡すとか、

お手伝いをすることでの対価を払えば、それだけで手伝う意義を見出せますし、

働くことの辛さも小学生のうちから理解させることも出来るので一石二鳥です!

 

 

そうやって、奥さん自身が嫌いな料理の原因を解消していってあげれば、

きっと料理嫌いの克服にもつながるかと思います。

 

帰って来てから料理をするのが面倒な料理嫌いさんの克服方法

帰って来てから料理をするのが面倒な一人暮らしをしている料理嫌いさんは、

とにかく面倒な部分を全て省いた料理をするのが一番です!

 

例えば、おかずは休みの日に大量に作って冷凍しておく。

とか、ご飯もタイマーかけて、家に着いたら、

ご飯が炊けている状態にしておく

 

それだけでも、

家に着いてから料理をすることが無く、

基本的に『レンジでチン』するだけで、

ご飯が食べれるので、お弁当を買って帰ってくるのと

同じになるはずです。

 

そうすれば、仕事から遅くに帰って来ても、

包丁持たず、鍋を使わず、フライパンを使わずになるので、

お皿を洗うことも無くなります。

 

さらに、盛り付けもワンプレートにしていたら、

洗い物も少なくなるので、もう超楽チンで

料理が嫌いな理由を解消できることも間違いないです。

 

あとは、ズボラな料理でも、料理さえ出来ればいいので、

変にこだわった料理を作らなければ、それで十分です!

 

ちなみに、これに更に、

私が料理を楽しくするために、やっていた方法は、

好きな音楽をかけながら、ウキウキ気分で料理をするってだけです(笑)

 

やっぱり、好きな音楽がかかっているだけでも、

気分はノリノリになるので、楽しんで料理も出来ちゃうんです。

 

 

なので、最終手段は、

『好きな音楽を聴いて料理をする』

この方法も効果的かと思います。

 

今回の方法で、嫌いな料理さえ克服できれば、

料理を作ったときに、毎回のように『ありがとう』

って言ってもらえる日常を手にすることができるほか、

毎日の料理も絶対楽になるはずなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

・・・てなわけで

 

 

今回は

「料理嫌いを克服するには、料理が出来るようになるだけではダメ」

「真の克服は、嫌いと思っている面倒な理由をしっかり克服する」

ってことあるってことについてお伝えしてきました。

 

いま、このブログを書いている私も、

味見ができる以前に、カップ焼きそばすら大失敗して、

「誰もが嘘でしょ!」って言いたくなるほどに

料理が苦手で、嫌いで料理センス0の料理男子だったんです。

 

 

ただ、そんな料理センス0の私でも、初めは料理でバカにされまくって

死ぬほど嫌いでしたが、自分なりの料理嫌いの原因を追求して、

料理を楽しい♪って思えたことで料理が出来るようになり、

料理が関係するイベントにも携わったり、異性とも話せるように

なったり料理で人生を変える事が出来たんです。

 

料理における暗黒時代から現在の夢のような料理生活になった

ジェットコースターのような経験を、私のプロフィールに書いているので、

この後にでもプロフィールを見て私のことをもっと知って貰えたら嬉しいです。

 

      ↓↓↓

料理下手・腎臓病から脱出したユウの秘密のストーリーはこちら

 

ではでは、今回はこの辺で、

またのブログの更新をお楽しみに(*゚∀゚*)

 

腎臓病を料理1つで克服するも、

元々はカップ焼きそばすら作れなかった料理センス0の男ユウでした。

おすすめの記事