こんにちは。

カップ焼きそばも作れなかった元料理センス0の男ユウです。

 

料理を始めたてだった頃、作った料理をバカにされまくって、

ストレスも溜まりまくるし、本当に料理が嫌いでした。

 

そんな私が、料理を楽しめるようになって、

料理を毎日するようになったコツについて、

今回はお話ししたいと思います。

 

料理が嫌いでストレスだったのは、頑張りが実らなかったからだった

そもそも、料理が嫌いでストレスだらけだった時って、

 

『お前、料理下手だなぁ〜』

『カップ焼きそばも作れないの〜』

『早く、料理終わらせてくれない(怒)』

 

って、文句ばかり言われたからだったんです。

 

『私だって、好きで料理をやっているんじゃない!!』

『早く、料理ができるなら、とっくにやってるわ(怒)』

 

って、常に反論してしまうほど、

常に料理をしなきゃいけない夜になる度に苛立っていました。

 

でも、その料理が嫌いな理由とかストレスを生んでしまった

苛立ちって、料理がとにかく下手くそだったのと

料理を1時間以上もしている時間が無駄だと思っていたからなんです。

 

料理を始めた頃って、まだ小学生の頃だったので、

とにかく料理も面倒でしたし、頑張っても怒られるばかりのものを

やるよりも遊びたくてしょうがなかったんです。

 

『料理よりもゲームやりたいなぁ〜』

 

そんな気持ちばかりでした。

 

だからこそ、料理が嫌いで、

ストレスばかりで辛い日々だったんです。

 

料理を楽しむコツは『好きなこと』 × 『料理』だけだった

そんな、超嫌いだった料理も楽めるようになった

きっかけが勿論ありました。

 

そのコツが、料理をやりながら好きなことをやる!

 

っていうことです。

さすがに、ゲームをやりながら料理をする。ってことは出来ませんが、

他にも好きだった『音楽』を聴きながら料理をやるってことを

私は実践していました。

 

アニソンを聴いたり、ロック系の曲が好きだったので、

アップテンポな曲を聴いたり・・・

 

料理には合わない曲ではありましたが、

聴いているだけで楽しかったですし、

嫌いだった料理も周りが気になるから嫌いだったのが

一番の原因だったので、それが無くなるだけでも本当楽しめました(笑)

 

しかも、長い時間をかけて料理をしていても、

私が楽しいと思っていることを並行しながらやっていたので、

長い時間、料理をやっている感覚もなく、

『料理ができた』って思ったら1時間経っていた、そんな感じでした。

 

無論、1時間もかかっているから兄妹からは、

怒られることも多かったんですけど、

他のストレスが解消されていたので、そんなに辛くはなくなっていました。

しかも、好きなアップテンポな曲を聴きながら、

やっていたおかげで、料理をやるスピードも

実は、日に日に上がってもいました(笑)

 

だから、『好きなこと』と『嫌いな料理』を

組み合わせたことが結果的に嫌いな料理も楽しめるコツに

繋がっていました♪

 

『ドラマを見るのが好き』っていう女性で、

料理をやらなきゃいけない人であれば、

『ドラマを見ながら、料理をやる』っていうことでもいいでしょうし、

漫才が好きっていう人であれば、『漫才を聴きながら料理をする』

っていう形でもいいと思うんです。

 

極論、『嫌いな料理を楽しめればいい訳なんで』

 

私は、だからこそ、

好きなものと嫌いである料理を組み合わせてやるのが

料理嫌いな頃は一番料理を楽しむコツになると思います。

 

料理嫌いでストレスを感じるなら楽しみ方を考えるのが大切

『料理が嫌い!』

文句しか言われないから。不味そうな顔をされるから。

そう思ってストレスを感じる人って多かったりすると思います。

 

でも、嫌いな料理を楽しみに変えるには、

まずは自分自身が料理を楽しむための方法を考える努力を

する必要はあると思います。

 

ただ、マズイって言われると私だって傷つきますし、

『料理つくってないやつが威張るな!』ってムカついたりもします。

 

でも、そこから、『じゃあ、今まで作った中でどれが美味しかったの?』

『何が不満なの?』っていうのを、しっかり聴いて、

料理を美味しくするための改善をすることは少なからず必要にはなります。

 

今回、お伝えした料理を楽しむコツも、

料理が苦手でマズイ!って言われがちな時の対処法の1つで、

そこから料理を美味しくするために数えきれないほどの失敗をして

努力してきたからこそ、『料理を美味しい』って言わせることも出来て、

今では楽しむことも出来るようになりました。

 

ですから、これをきっかけに好きなことをやりながら、

料理を楽しんでもらい、料理が上達するように

頑張っていって欲しいと私は思います。

・・・てなわけで

 

今回は

「料理が嫌いでストレスだらけだった頃に料理を楽しむできるようになったコツ」

についてお伝えしてきました。

 

いま、このブログを書いている私も、

腎臓病を抱える前からすでに料理が、カップ焼きそばすら大失敗して、

「誰もが嘘でしょ!」って言いたくなるほど料理が苦手で、

下手で嫌いな料理センス0の料理男子だったんです。

 

ただ、そんな料理センス0の私でも、初めは料理でバカにされまくって

死ぬほど嫌いでしたが、自分なりの料理嫌いの原因を追求して、

工夫することで料理が楽しい♪って思えたり、腎臓病になってからは

更に必死に勉強することで健康面を考えた料理も出来るようになりました。

 

そのおかげで、料理が関係するイベントにも携わったり、

異性とも話せるようになったり料理で人生を変える事が出来たんです。

 

料理における暗黒時代から現在の夢のような料理生活になった

ジェットコースターのような経験を、私のプロフィールに書いているので、

この後にでもプロフィールを見て私のことをもっと知って貰えたら嬉しいです。

 

      ↓↓↓

料理下手・腎臓病から脱出したユウの秘密のストーリーはこちら

 

ではでは、今回はこの辺で、

またのブログの更新をお楽しみに(*゚∀゚*)

 

腎臓病を料理1つで克服するも、

元々はカップ焼きそばすら作れなかった料理センス0の男ユウでした。

 

おすすめの記事